2017.06.03(土) ‒ 2017.07.16(日)夢の美術館—めぐりあう名画たち 久留米市美術館

夢の美術館—めぐりあう名画たち

2017.06.03(土) ‒ 2017.07.16(日)

夢の美術館—めぐりあう名画たち

特徴的な建築で「丘の上の双眼鏡」と親しまれている北九州市立美術館は、1974年に公立の美術館として全国的にも先駆けて姿を現し、その5年後、福岡市美術館が都心部の憩いの場所である大濠公園に開館しました。以後、両館は展覧会をはじめとして様々な取り組みによって福岡の美術史を牽引し続けています。 今回の展覧会は、偶然にも2館のリニューアルが重なり、それに伴い両館の主要な作品を見ることが出来るようになった「夢のような」展覧会であり、それぞれが誇るコレクションから、フランス印象派から国内外の現代美術まで幅広く見渡すことが出来ます。 そして、2つの館が所蔵するコレクションが全く別の美術館でめぐりあうと、それぞれの作品が今までと異なる形で共鳴しはじめます。それは、新たな文脈を持ったコレクションができあがったかのような錯覚を引き起こし、まさに「夢の」美術館が誕生します。

出品目録(PDF/324KB)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA